• ホーム
  • 宗教法人は株所有で非課税!?今注目のグローバルワン

宗教法人は株所有で非課税!?今注目のグローバルワン

宗教法人は株を所有して配当金をもらったり売って譲渡益を得たりしても原則として非課税ということになっています。
これは宗教法人のこのような活動は施設を新築したり改修したりする時の資金を用意するためで、つまり宗教目的のために非課税扱いになるわけです。
これに対して一般の人が投資で利益を得ますとこの場合は通常は非課税ではありませんで、今は20%の課税がされます。
なお現在はこのほかに復興特別所得税があります。

これに売買手数料などが加わりますとかなりの額になりますのでそれを嫌って投資をやめる人が出ます。
そこで2014年から年間100万円まで、現在では120万円の範囲内であれば配当金や譲渡益などが出ても非課税でよいという制度ができました。
それが少額投資非課税制度NISAです。
確かに年間の限度枠はあるのですが、その限度の中であれば宗教法人と同じように非課税で済みます。
もともと少ない額で投資を楽しんでいた人にはもちろん好策ですが、逆に言いますとこれによってお金を使い過ぎない防御の役割も果たしますので、一石二鳥の制度と言えます。

なおこのような非課税措置を受けられるのは1人で1口座だけと決められていますので、まずどこの金融機関に口座を開設するか決めなくてはいけません。
実は金融機関によりまして取り扱っている商品は少しずつ違います。
事前にこういう商品に投資したいと具体的に考えのある人は、口座を作っていざ投資しようとしたらその金融機関に取り扱いがなかったという可能性も、まったくないとは言えません。
そのため、前もっていろいろ研究し自分の買いたい商品が揃っているかどうかを確かめるのが不可欠になります。

あとは手数料なども金融機関によって違いがあります。
NISAで対象となる商品ということで言いますと、証券会社ではどこも基本的に国内の上場株式や投資信託ETF、不動産投資信託REITなどです。
NISAではREITのような不動産投資信託は購入できないと思われることが多いですが、実際は可能です。

その中で注目されているREITがグローバルワンです。
グローバルワンの長所は日本の最大手の金融機関系列の会社や大手私鉄が出資していて安全なこと、都市圏で駅に近く建てられてからまだ日が浅くて大型のオフィスビルに特化していますので物件が好質なこと、などが挙げられます。
今後増資が決まりますとさらに大型物件の保有が増えると考えられていますし、今後が楽しみなREITと言えます。